おぼぼなっくす

1人暮らしの男が書きたいことを書くブログ

ふるさと祭り東京に行って、ただただ贅沢してきました。

東京ドームで絶賛開催中の「ふるさと祭り東京」

2020年1月10日(金)~1月19日(日)(入場料当日券1800円)

に、休日を利用し行ってきました。

全国の美味しい物、各地のお祭りが一同に集結するそうで、期待値抜群なイベントです。(≧∇≦)

そして水道橋駅から徒歩で約10分。見えてきました東京ドーム。

f:id:obobonakkusu:20200112231254j:plain

f:id:obobonakkusu:20200112231346j:plain

入場してすぐにねぶたがお出迎え。(゚o゚;

f:id:obobonakkusu:20200112231441j:plain

お祭りを開催する正面ステージ。すごい広いです。

f:id:obobonakkusu:20200113220451j:plain

こんな感じで屋台が集結していて、ちょっとした町みたくなっていますw

北海道から沖縄まで、たくさんのご馳走が売られていて目移り必死です。汗

f:id:obobonakkusu:20200113220551j:plain

別角度

f:id:obobonakkusu:20200113220638j:plain

f:id:obobonakkusu:20200113220723j:plain

f:id:obobonakkusu:20200113220925j:plain

f:id:obobonakkusu:20200113220755j:plain

f:id:obobonakkusu:20200113220952j:plain

可愛い金魚提燈。凄い数。(´Д`;)

f:id:obobonakkusu:20200113221028j:plain

f:id:obobonakkusu:20200113221105j:plain

エヴァンゲリオン発見(^O^)

f:id:obobonakkusu:20200113221335j:plain

f:id:obobonakkusu:20200113221309j:plain

そして、僕が食べた美味しいグルメ達。

牡蠣とタコ天500円、タレが甘辛くて美味しかった!

f:id:obobonakkusu:20200113221706j:plain

富士宮焼きそば&秋田犬ビール(本当にこのネーミングですw)

f:id:obobonakkusu:20200113221730j:plain

せんべい汁400円。出汁が効いて、ホッとする美味しさでした。

f:id:obobonakkusu:20200113221142j:plain

北海道の海鮮丼500円。いろいろ乗ってお得です。

f:id:obobonakkusu:20200113221209j:plain

マンゴークレープ1200円。食後にさっぱりしたい時に最高です。

f:id:obobonakkusu:20200113221232j:plain

とまあ、これ以外にも唐揚げとのどくろ丼等を食べてしまい、

本当にお腹一杯になり、ただただ幸せな時間を過ごす事が出来ました。

もし、この記事を読んで行きたいと思った方、お金を握りしめドームへ直行してみましょう。٩(ˊᗜˋ*)

 

そこには幸せが待っています。

 

では、読んでいただきありがとうございました!

f:id:obobonakkusu:20200113221427j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

【2020】新年の抱負を述べさせてください。

f:id:obobonakkusu:20200104204509p:plain

 

あけましておめでとうございます!

年が明けて2020年になりました。

いろいろと考えはあるでしょうが、皆さんは今年の抱負は何かありますか?

僕はただ1つ、それは

 

去年に引き続きパチンコ・パチスロをやらないこと。

 

これこそが自分の中の唯一の正義です。

 

あと1ヶ月禁パチをすれば、2月1日をもって丸1年の禁パチを達成出来ます。

(約1年前の2月1日、番長3で37000円負け)

パチスロを覚えてから、過去に8ヶ月程の経験はあるものの1年は未達成でした。

これからの長い人生を考えたら、たかが1年、だけどとても大切な1年です。

この先2年、3年と着実に積み重ねていき、完全に毒が抜け切るまで何年かかるか分かりません。

でも、幸せを手にするためにも、パチスロとは完全に縁を絶たないといけません。

 

何故僕が繰り返しこういったことを記事にするかというと、ちょっとした心の隙間に依存症という悪魔が入り込んで来るからです。

ストレスが溜まった時、暇で何か刺激が欲しい時、あらゆる場面でその悪魔は隙を伺っています。

定期的に自分の心を引き締める必要があります。

このブログがなかったら、禁パチ1年は不可能だったかもしれません。

(いつもスターをくださる方ありがとうございます。)

もしこのブログを読んでくださって、禁パチを考えてる人は今すぐ行動するべし。

 

もう、機械に遊び相手になってもらう日々に、終止符を打ちましょう。

あなたのパチスロを止めるという行動が、他の依存症の方、なにより自分自身を救います。

必死に働いた1万円を、1時間で溶かす事はもう止めましょう。

まずは1ヶ月パチンコ屋に行かないこと、これを実践してみてください。

 

そして最後に、去年は悲惨な事件・事故が多かった気がします。

こういった事はもう起きないことを願いたいです。

なにより日本という国が、出来るだけ前向きに生きていく必要があります。

そのためには国民、いや、まずは僕自身が前向きに生きなければ。\(^^)/

第拾弐話「パチ屋の価値は」

f:id:obobonakkusu:20191220212627p:plain

 

養分A「報告します。YOBU本部より入電。GODの島、角から3番目に期待値台発見

二分前に突然現れました。」

養分A「目標を視覚で捕捉。」

養分C「このゲーム数で捨てるとは、常識を疑うわね。」

養分A「目標に着席します。」

 

養分B「総ゲーム数及び、グラフの確認を開始。」

養分A「確認完了。」

養分C「純増3・0枚!?たいした破壊力ね。さすが、A・T機。」

 

養分B「幾人もの諭吉を、吸い込んでいます。台そのものがブラックホールみたいなものですね。」

養分C「とりあえず、朝一の天井は大外れ。で、2回目の天井がグラフのここ。後は中途半端なゲーム数で単発が続いているわ。」

養分D「地獄モードってことね。」

養分A「中黄2連続も効果ありません。」

養分B「以後、チャンスゾーンの消息は不明です。」

養分C「行くわね多分、次は天井に。諭吉ごとね。」

養分D「その時は閉店コースかしら?」

養分C「すくなくとも、半額の惣菜を買わなくて済む可能性があるわ。」

養分C「養分Eは?」

養分B「天井の放つ強力な射幸心のため、連絡不能です。」

養分C「YOBU本部の判断は?」

養分A「全会一致で全ツッパを推奨しています。」

養分D「どうするの?今の責任者はあなたよ。」

 

養分C「各金融機関の諭吉達に通達。YOBU権限における特別宣言D-82。半径50キロ以内の全諭吉は直ちに集結。樋口には諭吉のバックアップを頼んで。」

養分B「全ツッパするんですか?」

養分C「そうよ。ただ、万が一の生活費は残さなければいけないわ。」

養分C「YOBUによる特別宣言D-72が発令されました。全夏目は速やかに指定の場所へ避難してください。」

養分A「金融機関における夏目の避難はすべて完了。」

養分B「非戦闘硬貨および商品券の待避、完了しました。」

 

養分D「やるの?本気で?」

養分C「ええ、そうよ。」

養分D「あなたの勝手な判断で、諭吉を10体とも棄てる気?勝算は0.01%。万に一つもないのよ。」

養分C「0ではないわ。2分1の80%ループに賭けるだけよ。」

養分D「養分C!」

養分C「現責任者は私です!やることはやっときたいの。天井到達は私の仕事です。」

養分D「仕事?笑わせるわね。脳汁のためでしょ?あなたの天井への執念は。」

?「高畑充希ー、ケンタッキー食べようぜ」

なんだろう、たまに無性に食べたくなるよなー。汗

我慢出来なくて来ちゃったよ、KFC。

f:id:obobonakkusu:20191207161533j:plain

ワンコインランチ始めたんだって?

じゃあ、Wランチにしてみるか。充希はどれにする?

f:id:obobonakkusu:20191207161553j:plain

おー、いいじゃん。美味しそう。

f:id:obobonakkusu:20191207161441j:plain

f:id:obobonakkusu:20191207161459j:plain

久しぶりに食べたけど、ケンタのチキンはスパイスが効いてて、めっちゃ美味しいな!

ビスケットもサクサクで最高だったよ、ご馳走様!( ̄∇ ̄)

f:id:obobonakkusu:20191207161515j:plain

また近々、チキンが沢山入ってるヤツ買うからさ、その時まで楽しみにしてるよ。

秋も終わって本格的な冬になったけど、充希、風邪ひくなよー。

お互いケンタで栄養摂って乗り切ろうぜ、ではまたお店で会おう。

じゃあな(`・ω・´)ゞ

f:id:obobonakkusu:20191207161703j:plain

 

PLAY LIST

PLAY LIST

 

 

神宮外苑のいちょう祭りで、美味しい物食べて、紅葉見て、もうそれだけでいいじゃないって思った休日。

秋晴れの中、少し寒かったが遠出して美味しい物を食べてきた。

電車に揺られること約1時間、着きました神宮外苑。(*゚▽゚)ノ

f:id:obobonakkusu:20191130194027j:plain

目指すはここやね。( ̄∀ ̄)

f:id:obobonakkusu:20191130194043j:plain

テレビではよく目にしていたが、改めて見るといちょうの形が面白いw

何か意味があるのだろうか?

f:id:obobonakkusu:20191130194156j:plain

紅葉具合としてはまだらだったが、趣があってこれはこれで良い。

皆さん写真を沢山撮っていました。

いちょうのトンネルが気持ちいいィ!✧٩(ˊωˋ*)و✧

f:id:obobonakkusu:20191130194304j:plain

f:id:obobonakkusu:20191130194216j:plain

そして会場に着きました。

グルメと陶芸品と紅葉が同時に楽しめます。

f:id:obobonakkusu:20191130194329j:plain

f:id:obobonakkusu:20191130194351j:plain

f:id:obobonakkusu:20191130195255j:plain

f:id:obobonakkusu:20191130195322j:plain

美味しい食べ物とお酒も頂きました。

行列必死の五平餅。久々に食べたー。ヽ(´ー`)ノ

f:id:obobonakkusu:20191130194421j:plain

にんにくが効いてて美味い!!衣もサクサク。

f:id:obobonakkusu:20191130195342j:plain

ビールの飲み比べセット。

赤と青は蜂蜜等で割っていて、甘口でひじょうに飲みやすいです。(≧▽≦)

f:id:obobonakkusu:20191130195413j:plain

お腹が満たされたところで少し周りを散策。

国立競技場完成してました。

f:id:obobonakkusu:20191130195438j:plain

木を基調にしていてシャレオツ~。(~ ̄▽ ̄)~

f:id:obobonakkusu:20191130195718j:plain

競技場の横に建っていた超お洒落なホテル。アートですね。

f:id:obobonakkusu:20191130195701j:plain

スケートリンクもありました。

f:id:obobonakkusu:20191130195612j:plain

厳かな雰囲気漂う外苑絵画館。FFに出てきそう・・。

f:id:obobonakkusu:20191130195513j:plain

まあ、そんな感じで色々満喫した休日でした。

人混みに疲れるけど、食べ物も遊ぶ所も豊富な東京はやっぱ面白いね。

また気ままにどっか行くぞー、ではでは v(·ε·v)

 

obobonakkusu.hatenablog.com

 

 

【漫画】バキ道4巻を読んで率直な感想

f:id:obobonakkusu:20191122203525p:plain

 

以下ネタバレあり

 

 

 ざっと内容まとめ

 

バキと宿禰が激突。

トリケラトプス拳VS宿禰

徳川が途中で試合を止める。

花山、渋川、独歩、克己が姿を見せる。

現代相撲の力士達と上記のファイターが戦う模様。

地下闘技場へ姿を現した力士達。

総合格闘家白鵬の顔面に裏拳を入れて次巻へ続く。

 

読んでみて、何か自分が期待してた展開とは違う方向に向かってるぞ。

あと、思ったけど宿禰より武蔵の方が強くないか?(;^ω^)

自分の中では、武蔵を越える化け物みたいな宿禰を期待してたんだが、バキの蹴りを喰らって簡単に脳が揺れてる。

3倍の体重差を埋める、規格外の力を持っているということでOK?

 

納得出来ないのが、何故かバキに対しては骨を掴んで廻しを作らなかったこと。

あんなトランクスを掴んで投げても、力が逃げて上手く投げれないんじゃ・・。

かませ犬になったオリバが浮かばれないだろう。(T▽T)

天文学的な握力を持っているんだから、腕を掴んで叩きつけるとかいくらでもあったんじゃないかと思うけど。

 

今後はおそらく相撲VS地下闘技者のチーム戦になるのかな?

表に出ない裏世界のファイター同士でやるから面白いのに。

刃牙道1巻で、表世界の総合チャンピオンを瞬殺してたけど、あれとは違って力士は表裏関係なしに、もれなく実力者ってことかな。

というか全ての力士を圧倒するくらい宿禰が強くて、全力士の代表者ってことじゃダメなのか?(´△`)

期待してたけど、今後は少しダルい展開になりそうな予感。

勇次郎の登場をはよ、これしか楽しみはない。

 

そしてこれだけは言いたい、白か黒か分からない決着のつけ方だけは本当に止めてほしい。(ピクル、勇次郎、武蔵戦は全て消化不良だった)

 

なんか批判ばかりになってしまったが、

とりあえずバキ道5巻の報せを待つッッ!(`・ω・´)

 

 

バキ道(4) (少年チャンピオン・コミックス)

バキ道(4) (少年チャンピオン・コミックス)

 

 

 

【映画・感想】ターミネーター・ニューフェイトを観てきました。

f:id:obobonakkusu:20191109103728j:plain

 

11月8日(金曜日)ターミネーター・ニューフェイトが公開されました。

心躍らせ、早速吹き替え版を視聴。

まず感想云々の前に、シュワルツネッガーとリンダ・ハミルトンの共演を、スクリーンで再び観られた事に感動・感謝です。

普通に考えて約30年後に、同じシリーズで映画で共演するって凄い事ですよね。

(もしかしたらもう1作観られるか・・?)

とりあえず熱が冷めないうちに、感想を書きたいと思います。

 

↓以下ネタバレあり

 

結論から言うと、やはり自分の中で2は超えられなかった。

そこは覚悟していたので仕方がないかなと。

自分の中で、良かった点と悪かった点を率直にまとめてみる。

 

良かった点・ストーリーテンポ

     ・サラとグレースが格好良い

     ・アクションシーンがド迫力

     ・ターミネーターが家族を持つという斬新な設定

     ・敵のしつこさ

     

悪かった点・エンディング=ストーリー

 

率直に思うところはこんな感じです。

まず、オープニングから始まり、エンディングにいくまでの映画全体のテンポは、緩急が効いていてストレスがなく、ジェットコースターのように飽きさせませんでした。テンポについては監督は見せ方が上手いようで、素晴らしかったです。

 

そして相対的な戦い方をする2人の女性、サラとグレース。

サラは銃器を放ち、グレースは肉弾戦で敵を圧倒する。異なった戦い方をする2人がいることで、この映画に幅を持たせていました。

個人的には、少し冷徹で無鉄砲なグレースが格好良くて好きになりました。

あと観ていて思ったのが、やっぱりリンダが居ると緊張感があり、ターミネーターという映画が締まるということです。

このシリーズはシュワルツネッガーは当然ですが、彼女の映画でもあると言っても過言ではない気がします。

 

アクションについては緊張感を伴うという意味で、少なくとも3・4・ジェネニスは超えているかな。

冒頭のカーチェイス、飛行機での戦い、スケールがとにかくデカく、やり過ぎ感が半端ないです。(アクションシーンが終わった後、手汗が凄かったー。)

これぞターミネーターって感じで、アクションについては文句なしですね。

俳優さん達もよくやり切ったなー、と。怪我しなかったんだろうか・・。

 

意見が分かれるかもしれませんが、ターミネーターが家族を持つという設定は僕は好きでした。ジョンを殺害した後、目的がなくなったことで行動を選択出来るようになった。じゃあ、人間になりきって観察?実験?いずれにせよ感情を勉強しようとしたみたいです。

この部分は2のメッセージ性に近いものがあり、人間と機械は分かりあえる、なので人間が同じ人間の感情を理解出来ないはずがない、そして人間と機械は共存共栄出来るのだと。

そういった風に伝わりましたが、皆さんはどうでしょうか?

 

そして何より、僕の不安要素であった敵キャラですが、声に出して「しつけーよ」って言うくらい、しつこく追ってきます。

過去作品の機械と違って、このREV-9はインターネット等にアクセスし、監視カメラの映像を解読し、瞬時に居場所を特定して殺しにきます。

なので、逃げ切ってもすぐに追いつかれるという緊迫感を凄い感じました。

いつ来るのか?観客も常に焦ってる状態です。

あえて特殊な武器を備えない設定にしたようで、そういうシンプルな方がごちゃごちゃしないで良いですね。

ただ、ロバート・パトリックの冷徹さや迫力には物足りませんが、個人的には中々的を得たターミネーターでした。

 

悪かった点といえばストーリー、というよりエンディングですね。

お決まりのT800との自滅パターン。

このパターンは、3、ジェネシスと同じでさすがに飽きました・・。

僕としては自滅で消えるのではなく、敵との戦いでボロボロになり、その後サラに止めを刺される。

そして復讐を終えたサラは、再びターミネーター狩りを始める、これくらいのちょっとした捻りが欲しかった。

ただT800が感情を理解し、ジョンを殺害したことを後悔し、彼のためにせめてもと思い戦闘に参加して死んだ。こういった動機については心に刺さりました。

ただ今回も落ちがストレートすぎる。

単調で読めてしまうから驚きがない、ストーリーに対して感情の落差がないんですよね。

観る側も舌が肥えてますから、ありきたりな展開を持ってきてほしくなかった。

そこは残念なポイントでした。

 

じゃあつまらないの?って言われると、総括すると面白かったです。

シリアス一辺倒で、映画として世界観が完成していて、娯楽としてはひじょうに楽しめる作品です。

続編を作る度に話題になりますが、1・2を超えられないという意味で、このシリーズはこの辺りが限界なんじゃないかと思われます。

ストーリーを練れば練るほど突っ込み所が出てくるので、映画だからと割り切る部分が必要になってきます。

 

たぶん1・2がヒットしたのは機械が未知数で恐ろしい物、と感じる時代背景もあったんでしょう。

今は全人類が便利な物として認識しています。ただ仕事等、人間にとって代わる物という恐怖もあります。

そいうった時代背景と重ねると、ターミネーターという映画は過去の遺物になってしまっているのかもしれません。(敵は進化してますがね・・。)

 

映画の中で、T800はサラに生きがいを与えてると言ってましたが、まさにこのシリーズこそシュワちゃんリンダ・ハミルトンにとっての生きがいなんだなー、としみじみ感じる思いもありました。

この映画があるからこそ、2人がここまでスターになれた。

(冒頭でジョンが殺されるシーンや、ジョンのために、現実世界とリンクさせている様な演出やセリフが、多々見受けられると感じたのは僕だけでしょうか?)

 

繰り返しになるが、ターミネーター最新作を映画館で観れる事、感謝しかないです。

とにかく僕はもう一回劇場に行き、この作品を鑑賞する。

2人にとってもそうだが、このシリーズは僕にとっての生きがいでもあるので。

次は字幕版で観よう。ではでは (*゚▽゚)ノ

 

 

obobonakkusu.hatenablog.com